女性

悪性も良性も取る

ウーマン

簡単な治療法で取れる

いぼには良性のものと悪性のものがあります。悪性のものはもちろん切除する必要が出てきますが、良性のものも加齢とともに拡大していくタイプがあるので、その傾向が見られるようであれば早めに切除したほうが負担は少なくて済みます。いぼのなかにはウイルス感染するものもあり、特に水疱を含んだものであれば潰れたときに他の皮膚へとウイルスが飛び散り、新たないぼの元となりがちです。ウイルス性のものは自己治癒するものが多いですが、医者から切除をすすめられたら素直に切除しておいたほうがいいでしょう。特に足の裏にできるようなものは痛みも伴います。いぼそのものが原因ではなく、いぼを体重で押しつぶすことで周りも角質化するからです。早めに取り除くことで、痛くて歩けないというような事態を防ぐことができます。また、自己治癒するからと言って放っておくと跡になってしまうことがあります。顔など目立つところにできたものは、病院で取ってもらったほうがキレイになくなります。数が増えたり拡大して別の問題が出る前に取っておきましょう。病院で受けられるいぼの切除方法としては、種類にもよりますが簡単なものであれば専用の器具を使って根元から切り取るようにします。他にも冷凍凝固法やレーザー療法で簡単に切除する方法があります。一番一般的なのは冷凍凝固法であり、液体窒素で急速冷凍することにより取り除く方法です。レーザーにしても、出血もほとんどなくできて痛みもあまり感じません。あとは局所麻酔をして電気メスで焼却する方法があります。もし本当に自然に治したほうがいい場合、塗り薬などを出されて様子見をするということもあります。病院に行ったからといって必ずしも切除するだけの方法がとられるわけではありません。しかし、いぼを手間なくきれいに取り除く方法として一番手っ取り早いのはやはり切除することです。外用薬を添付するタイプは併用治療法として用いられることも多く、消毒剤といったものになるのでお肌の弱い人には向きません。本人の希望、いぼの状態、周りのお肌の具合など総合的に考えて治療法を検討しましょう。