女性

自分でも情報を集めよう

鏡を見る人

施術手順と皮膚科の選び方

いぼは見た目に大きな影響を及ぼします。数が多く、肌の広範囲に生じる場合や大きくて深い場合、身体の目立つ部分にできることもあります。また、原因も異なります。人それぞれいぼの状態が違うので、切除法も人によって異なります。まずは病院を決めて信頼できる専門医の下でカウンセリングを受け、自分の症状に合う施術を提案してもらうことから始まります。費用やアフターケアのことも聞いておくと良いでしょう。最近多くの人に利用されているレーザー治療を選択した場合、テスト照射をすることがあります。レーザー治療をすすめる場合は、麻酔してから本格的な切除治療に取り掛かります。レーザー治療以外でもカウンセリング後にハサミでの切除や外科的手術など合意した施術が行なわれます。治療後は、薬を塗ったり、保護テープを張ったりするなどして様子を見ます。紫外線に当てないなど注意事項があるので気を付けて生活する必要があります。ある程度時間が経ったら、再び医師に患部を見せて状態を確認してもらいましょう。施術は簡単なので心配ないなど、いぼを切除したことがある人の意見を聞いたことがあるかもしれません。確かに現代の医療技術は発展しましたが、技術を使う医師の腕や誠実さも大事です。いぼと聞くと、皮膚科をイメージするでしょう。しかし、皮膚科といっても普通の皮膚科だけでなく、美容形成外科でも扱っていますし、美容皮膚科もあります。どこが良いのか迷う人も多いでしょう。いずれも治るのは治るかもしれません。しかし、腕が悪く跡が残ったり、極端に金額が高かったりする場合などがあるので施術を受けるクリニックは見極めましょう。予約をしなくても診てもらえ、多くの患者を流れ作業のように診て、医師の独断で治療法を決められて短時間で診察を終えるようなクリニックよりは、予約制で患者と向き合ってとことん話を聞いてくれる医師がいるクリニックの方が安心でしょう。また、悪いいぼではないから切除の必要が無いと言い切るような医者もいたり、いぼの状態によっては自分では治療できなかったりという医師もいます。悩みを解決してくれる医師は必ずいるので、出会えるまでクリニックを探しましょう。