女性

気になる部分をキレイに

カウンセリング

原因や種類を調べる

いぼには2種類あり、プールなどで感染するウイルス性のものと腫瘍の一種として出来るものに分けられます。どちらも切除手術を行うことによって、キレイな状態に戻す事が可能です。カウンセリングでは、どのような治療方法が適しているかを判断するために生活の環境に合っている治療方法を提案します。液体窒素による除去は、少しずついぼを焼いてくため治療回数が多く必要になり、時間をかけて治療したい方に適しています。また、切除を行わずに内服液や塗り薬による治療の提案も行なっていますが、長い期間かけてゆっくりと治療を行うので時間がかかっても良いという方向けです。どの種類のいぼかによっても治療方法が異なりますが、ウイルス性の場合は液体窒素やレーザーなどを使用して除去を行う方法もあります。ウイルス性のものの場合は治療せずに放っておくことで、周囲にまでウイルスの飛び数が増えてしまう事も多く、早めの治療が大切です。腫瘍のいぼの場合は、ウィルス性のものと異なり新たにウィルスが皮膚に拡散して数が増えることはないので、切除を行えば治療が完了します。年齢や性別に関わらず様々な部分に出来やすい病気として知られるいぼですが、特に顔や身体の中でも人の目に触れやすい部分に出来た場合に切除を希望する方が多いのが特徴です。手のひらや指に出来てしまったいぼの場合は、他人と接触しやすい箇所である事もあり、切除による早めの治療が人気です。他人に移る可能性があるウイルス性のいぼの場合は、早めの治療を行う事で人付き合いがしやすくなります。洋服を着ると目立たなくなる部分や直接他人と接触しない部分に出来たウイルス性のいぼの場合は、他人に移す可能性が低い部分であれば内服液などでゆっくり治療を行う事も可能です。自分で判断して、いぼに効く内服液を購入し治療を行うよりも、原因を調べるために医師の診察を受けると治療がスムーズになります。内服液を長期間飲む場合は、症状に合っているものであるかを医師に判断してもらう事で適切な治療が出来ます。治療に通う事で、増えたり大きくなったりした事で早めの切除が必要である場合は、すぐに手術が出来るので安心です。