女性

安全に美しくなる

鏡を見る人

痛みを感じない技術

皮膚科で診察を受けて、いぼであると指摘されたら、安全性を重視して切除を依頼します。安全性のポイントは、痛みを伴わずに、術後は跡が残らないようにできるかどうかです。厳密な意味では、痛みには個人差がありますし、痛みそのものがないわけではありません。麻酔の技術と、切除に使用する道具の性能が向上していますので、必要以上に痛く感じないで済むのが現実です。精神的に痛む場合がありますので、大切なのは医師とのコミュニケーションになります。いぼの切除を実際に行う医師と、綿密に話し合いながら確認作業を進めるだけでも、精神的な負担は軽減していきます。確認や相談と言っても問診である以上は受診料がかかりますが、施術を焦らない姿勢も大切です。皮膚科の場合は、参考資料用写真がありますので、患者と似たケースに該当する患部の写真を見せてもらえます。どのような症状が、どのように術後に変化して、どのように回復するのかを写真で確認できると、安心できるようになります。遠慮なく、どのように改善できるのかを質問しながら確認してから、切除を依頼するようにしましょう。どのような施術にも個人差がありますが、いぼの切除に関しては基本料金が一定である場合が多いです。大きさによる差が出ることもありますが、複数であっても一定条件以内であれば基本料金で済みます。詳細は医師からの説明を受けるのが一番です。評判や口コミを参考にするときは、いぼの数と大きさを確認するようにしましょう。意外な盲点になりやすいのが、大きいからと言って切除しにくいとは限らないことであり、小さいからと言って施術しやすいとも限らない点です。基準にしたいのは、いぼのある皮膚の固さです。自分で触ったときに痛みが伴う場合は、神経が開通していて敏感だと分かります。正確な診断は医師が判断しますが、自分で触ったときと、皮膚科の医師が触診したときで痛みの感じ方が違う時は、皮膚科の医師が正確に診断していると理解して大丈夫です。自分での判断は、神経質になりすぎる場合があるためです。医師に問診で伝えるときは、恥ずかしがらずに正直に回答して構いません。多少の誤差は承知されています。口コミをチェックするときも、医師の触診に対する感想に注目すると良いでしょう。