できものを綺麗に治す

女の人

適切な処置をしよう

痛みや炎症を伴わないできものは、ついつい治療を後回しにしがちです。しかしできものがあると見た目的に良くないうえ、放置することで増えてしまうことも十分ありえます。そうならないためにも、初期のうちに必要な処置をしておくようにしましょう。ちなみにほとんどは良性で、それ自体を放置していても命にかかわることはありません。とはいえすべてが良性かといえばそうでもないので、良性か悪性かをはっきりさせるためにも医療機関できちんと診断してもらうようにしてください。もしそのいぼが悪性であれば、放置したり無理に切除したりすることで悪化してしまうこともあります。そうなってしまっては治療法が限られてしまうので、その点は気を付けましょう。またたとえ良性だったとしても、油断してはいけません。いぼはウイルス性の物と非ウイルス性の物があり、それぞれまったく違った対処法が必要です。そのため自己判断だけで切除や治療をせずに、適切な治療を受けるようにしましょう。そうすることで予後も良い物となり、綺麗に治すことができます。いぼの切除の方法は、大まかに分けて4種類ほどあります。基本的にいぼの種類や大きさによって医師が切除方法を指定していくことになるので、その指示に従って治療するようにしましょう。なお検査したうえで良性とわかった場合、ウイルス性のいぼならピンセットでひとつずつつまんで切除していきます。なぜかというとこの方が内包されたウイルスが飛び散らずにすみ、最小限の期間と手当てで治療を終えることができるからです。痛みを伴うことがあるのが唯一の難点ですが、患部を広げることなく素早く治したいならこの方法で治療するようにしましょう。他にも非ウイルス性なら患部を切っても感染が拡大することがないので、炭酸ガスレーザーや液体窒素以外にも電気焼灼法などいくつかのやり方の中から治療法が選べます。この中でも炭酸ガスレーザーは、肌に対する負担や痛みが少ないことから人気となった治療法です。治療目的ではなく美容目的で使用した場合保険が適用されないので、治療する際はそこを承知したうえで行いましょう。保険が適用されるかどうかで治療費が大きく違ってくるので、治療法を選択する際はあらかじめ費用や内容などを調べてから実行するようにしてください。

専門医に任せましょう

カウンセリング

いぼは見た目も悪いですし、中には悪性の場合もあります。病院で切除してもらうと安心ですし、治癒が早く、綺麗になります。いぼの切除には様々な施術方法があるので医師とよく相談して治療方法を決めると良いでしょう。

自分でも情報を集めよう

鏡を見る人

いぼの切除は大体カウンセリング、施術、アフターケアという流れになります。皮膚科クリニックはたくさんありますが、本気で悩んでいる患者の悩みを解決したいと誠実に向き合ってくれる医師がいるクリニックを選ぶことが大切です。

気になる部分をキレイに

カウンセリング

顔や身体の木になる部分にいぼが出来た場合は、皮膚科で手術を行い切除する事が可能です。いぼには種類があり、ウィルスによって出来た場合と腫瘍である場合が挙げられます。保険が適用される手術もあり、早めに切除する事で大きくならずに済みます。

安全に美しくなる

鏡を見る人

いぼの切除は皮膚科の診療であれば、基本料金の範囲内で施術してもらえます。神経の過敏さや精神的な不安も重要になりますので、医師の触診の感想を評判で確認しておきます。問診と触診のときに、医師の説明で術後の回復をイメージできれば安心です。

悪性も良性も取る

ウーマン

いぼの切除は自分でやると感染を広げたり傷跡になるので、取りたければ病院で取ってもらうようにしましょう。痛みも負担も少なくすぐに完了する施術があるので、悩んでいたいぼを苦労することなく始末することができます。